So-net無料ブログ作成
検索選択

Access2007 Runtime アクションクエリの確認 [Access]

Access 2007 Runtime を使う上での問題点その2です。

Access2007 VBA アクションクエリの確認」でも書きましたが標準の状態では「レコードの変更」「オブジェクトの削除」「アクションクエリ」実行時に確認のメッセージが出ます。
Runtimeでも同じですので設計時からメッセージの抑制を考えて作った方がいいです。

もう作っちゃったし直すのめんどくせーとか人からもらったやつで直せないよって人は
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Access\Settings
の下の
「Confirm Action Queries」「Confirm Document Deletions」「Confirm Record Changes」がそれぞれ「アクションクエリ」「オブジェクトの削除」「レコードの変更」に対応しているみたいですよ。
なければ作りましょう。DWORDです。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 5

もふ

すばらしい!
とても助かりました、ありがとうございました。

無かったのでDWORD作りました。
by もふ (2009-09-16 18:28) 

macoto

お役に立てたようでよかったです。
ちょっと不親切な説明かなとも思ったのですが、
あれでわからない人は使わない方がいいと思い直しませんでした。
伝わってよかったです。
by macoto (2009-09-18 08:08) 

azuki

DWORD値は何にすれば、確認メッセージを消すことができるのでしょうか?
教えていただけませんか?
by azuki (2010-09-13 19:15) 

macoto

メッセージを抑制する場合は「0」です。
Yes/No、True/Falseなどの場合は大抵0か1になります。
使用する場合はあくまで自己責任でお願いします。
by macoto (2010-09-14 20:41) 

ちっすえ

途方もなく困っておりました。
また、作り変えかと・・・
お世話になりました。

by ちっすえ (2015-11-12 15:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。