So-net無料ブログ作成
検索選択

Money Forward 試用 [投資]

Money Forward使ってみました。
かなりいい線いってます。

まずいい点
取引の記録できる資産が自由に作れます。
これを待ってました。
これで複数の財布(保管場所)やアグリゲーションサービスに対応していない電子マネーも管理できます。

振替(資金の資産間移動)が簡単に設定できます。
銀行から現金をおろしたときや口座から口座に移動させたときなど手間いらずです。

証券会社の内訳が詳しく見られる。
保有数、平均取得単価、基準価額、評価額、前日比、評価損益、評価損益率が一覧で見られます。

次悪い点
ユーザーインターフェースの問題ですが特定の資産から別の資産へ移動するとき一度ホームに戻らないといけない。
意外と時間がかかり面倒です。
ただこれは資産を見るときにホームから別窓を開けば解決できます。

銀行・カードの自動取得分に内訳が入力できない。
メモをつけることはできます。

証券会社は取引履歴が見られない。
入出金履歴なども見られるといいのに。

クレジットは利用明細はわかるが引き落とし済み、未請求分など状態がわからない。


色々(といっても三種類ですが)使ってみてわかったのは僕が欲しいのは取引の履歴とカードの照合機能でした。
取引の履歴はメモ程度で十分で必要に応じて集計ができればいい。
カードの照合は使った分を入力しておいて請求が来たら消しこむということがやりたいわけです。
レシートを保存しておいて利用明細があがってきたらチェックを入れるという方式でもいいんですがレシートの保存と未払い額が把握しづらいのが欠点です。

上記のことを考えるとMoney Forwardは使えません。
ただアグリゲーションサービスはかなり便利です。
以前MoneyLookがアグリゲーションサービスのみでアプリケーションで提供されていたときに使ってみたことがあるのですがそのときは必要性が感じられませんでした。
それと比べて今回使ったMoney Forwardはかなり使えるサービスになっていると思いました。
MS Moneyの代替にはなりませんでしたが、しばらく使ってみるつもりです。

さて発端となったMS Moneyの替わりはどうしましょう。
とりあえず日本での最新版であるMS Money Plus Sunset Deluxeを使ってみることにします。
僕の使っている2006はXPまでしかサポートされていませんがSunset版はWindows7までサポートされているのでちょっとだけ乗り換える意味があります。

マネーフォワード
https://moneyforward.com/

MoneyLook 試用 [投資]

MoneyLookを使ってみました。
OCN家計簿と同じような理由で本格運用は断念しました。

続きを読む


タグ:MoneyLook

OCN家計簿 [投資]

OCN家計簿を使ってみました。
結果を先に書くと僕の目的には合いませんでした。

続きを読む


Moneyが… [投資]

Microsoft Moneyの株価自動更新がいつの間にか停止していました。
履歴を見てみたら8月20日ころ。
僕が使っているのはMoney 2006ですが他のバージョンでも更新は終わってしまったようです。
とうとうこの日が来てしまったかという感じですが11月まで気が付かないくらいなのでインパクトもさほどでもないです^^
買ったのは2005年なので8年も使ってました。
これは自分でも驚き!
自動更新さえ気にしなければ引き続き問題なく使えるのですが、当時とはOSなど環境も変わっているので乗り換え先を探してみることにしました。

思いつく条件を挙げてみると
1.無料
なるべくなら安いほうがいいですよね。
でもMS Moneyくらいすばらしいものならお金出してもいいです。
ちなみにMoney Plus Sunset Deluxe 日本語版というのがフリーで公開されていて今でもダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=60302e1e-207e-4710-ac80-d19c22e47488&displayLang=ja

2.クラウド対応
どこからでもアクセスできるのはやっぱり便利。

3.データのエクスポート
無料サービスだと突然終わってしまうかもしれませんが、データをエクスポートできればなんとかなります。
あとサービス自体に欲しい機能がなくてもエクスポートすればなんとかできるかもしれません。

4.あとは家計簿(現金管理)と資産管理がそこそこできればok
何が必要なのか思いつかないのでサービスを使ってみることにします。

OCN家計簿、MoneyLook、Money Forwardを使ってみる予定です。

タグ:家計簿 money

投資信託の移管 [投資]

証券会社の口座を整理しようと思い、投資信託の移管について調べてみました。
出庫に手数料がかかるのがわかった時点で移管をする気がなくなったのでかなり大雑把です。

投信スーパーセンター
出庫不可 入庫?
http://www.toshin-sc.com/guide/about/index_2.html

SBI証券
出庫可1銘柄1050円 入庫可
https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_fund_ikan.html" target="_blank">https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_fund_ikan.html

カブドットコム証券
出庫可1銘柄1050円 入庫可
http://s10.kabu.co.jp/faq/LCategory.asp?Lca=144

マネックス証券
出庫可1銘柄1050円 入庫可
http://www.monex.co.jp/FundGuide/00000000/guest/G600/trt/ikan_oth.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

[株と投信の確定申告]投資信託の課税と損益通算 [投資]

投資信託株式投信と公社債投信の2種類があります。

公社債投信は解約益、償還益、分配金すべてが利子所得となり源泉分離課税で確定申告はできません。
損失が出た場合も他の株式や株式投信との損益通算はできません。
債券を中心に運用されていても株式を組み入れられる投信は株式投信となるので目論見書で確認してください。

株式投信は適用される税制が2種類あり換金方法により変わってきます。
買取請求は譲渡所得に分類され申告分離課税となります。
もう一つの解約請求、償還の場合は配当所得に分類され源泉徴収となります。
分配金の扱いは配当所得ですが特別分配は非課税で取得価格から控除します。

株式投信での損益は他の株式や株式投信と損益通算できます。
ただし通算できるのは買取請求での損益と解約請求損と償還損です。
解約請求益と償還益は通算できません。
通算後、損失が出る場合は繰り越しができます。

2009年1月1日以降の売却において、株式投信の解約益、償還益の所得区分は譲渡所得となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

[株と投信の確定申告]一般口座の損益計算 [投資]

一般口座の損益計算は「総平均法に準ずる方法」で計算します。

全体的な計算方法
譲渡益 = 譲渡価額 - 取得価額 - 売却手数料

「総平均法に準ずる方法」は取得価額の計算に使います。
対象の銘柄を最初に買った日(または前回の売却)から今回の売却までの期間の取得価格の平均値を出し、売却株数を掛けて取得価額を計算します。
具体的には買付ごとの(株価×株数+購入手数料)を合計し総買付株数で割ります。
答えの円未満を切り上げた額が一株当たりの取得単価になります。
それに売却株数を掛けたものが取得価額になります。

先入先出で売却時点で残っている株の取得単価も上で計算した値が適用されます。

譲渡価額は売値×株数
売却手数料は売るときにかかった手数料
そのまんまですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

[株と投信の確定申告]口座の種類 [投資]

証券口座には一般口座、特定口座(源泉徴収あり)、特定口座(源泉徴収なし)の3種類があります。

一般口座
自分で損益計算をして確定申告しなければならない。
みなし取得価格の特例を使うことができる。

特定口座(源泉徴収あり)
売却時に10%の源泉徴収をされるので確定申告をする必要がない。
配偶者控除や扶養控除の適用、住民税、健康保険税に影響を与えない。(確定申告をしない場合)
確定申告をしないと口座間の損益の通算や損失の繰り越しができない。
給与所得者の場合、年間20万円まで所得税は確定申告しなくていいが売却時に自動的に税金を引かれてしまう。

特定口座(源泉徴収なし)
納税が年一回なので資金の運用が効率的になる。
基本的に確定申告が必要。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

[株と投信の確定申告]税率と損益通算 [投資]

そろそろ確定申告の時期が近づいてきました。
今年は確定申告しなければいけなくなったので勉強したことをまとめたいと思います。

上場株式株式投資信託(ETF,REIT含む)の譲渡益の税率
2008年10%
2009~2010年500万円以下…10%
500万円超の部分…20%


上場株式の配当金、株式投資信託(ETF含む)の分配金の税率
2008年10%
2009~2010年100万円以下…10%
100万円超の部分…20%
10%(所得税7%, 住民税3%)の源泉徴収がされているので基本的に確定申告は不要。
確定申告すると総合課税になり所得額によって税率が変わってくる。
総合課税にすると配当控除(所得税10%, 住民税2.8% 申告分離課税の対象となる所得金額を含む課税総所得が1000円以下の場合の控除率)が受けられる。
以上のことから累進課税で所得税と住民税が22.8%以下の場合は確定申告すると還付金が得られる。
ただし投資信託の分配金は資産の内容によって控除率が変わってくるので注意か必要。

2009年より株と株式投信の譲渡損と配当の損益通算が可能となる。

株と株式投信の譲渡損は3年間繰り越し控除ができる。
損失を繰り越している期間は取引がなくても確定申告が必要。

株と株式投信の譲渡損益は通算できる。
ただし株式投信の解約益、償還益は配当所得となるので通算できない。

ただの羅列になってしまいました。
でもとりあえず続けます。


株・FX・投資信託 一番トクする確定申告 平成23年3月15日申告分 (SEIBIDO MOOK)

株・FX・投資信託 一番トクする確定申告 平成23年3月15日申告分 (SEIBIDO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2010/11/01
  • メディア: ムック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第12回 マネックス債 償還 [投資]

利率が1.04%だった第12回マネックス債が償還されました。
もどってきた資金を次にどこにやるかが問題です。
第14回マネックス債の募集が始まっていますが、今の状況を考えるとちょっと怖いです。
マネックスが危ないとかそういうことじゃないですよ。
あっ、これが信用不安か(笑

マネックス債と同じ期間三ヶ月の定期預金の現在の利率を調べてみました。
条件は100万円以上です。

イーバンク銀行 0.59%
ジャパンネット銀行 0.66%
ソニー銀行 0.625%
住友SBIネット銀行 0.65%

一番安いイーバンク銀行でもマネックス債との差は0.41%
100万円預けたとして1,025円の差です。
この差だったら今は定期預金を選びますね。
私は住友SBIネット銀行は持っておらず、ソニー銀行は使い勝手が悪い(証券口座との資金移動が面倒)のでイーバンクかJNBにすることにしました。

それにしても今回の株安と円高はいつまで続くんですかね。
ホント厳しいです。
そういえばマネックスで貸株してるんだった。
マネ大丈夫だよね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。