So-net無料ブログ作成

メダカの発生 1 [水槽]

せっかくですのでメダカの卵の観察をしてみることにしました。

3日目
3日目

4日目
4日目
あまり変化がみられません。

5日目
5日目
胚らしきものが見えてきました。

写真はNikon P310で撮りました。
撮影方法を確立してないためちょっと画像が不安定です。
マクロレンズが欲しくなってきました。

春が来た [水槽]

昨年の9月に飼い始めた白メダカが産卵しました。
うまく孵化するといいなあ。

メダカの産卵

Money Forward 試用 [投資]

Money Forward使ってみました。
かなりいい線いってます。

まずいい点
取引の記録できる資産が自由に作れます。
これを待ってました。
これで複数の財布(保管場所)やアグリゲーションサービスに対応していない電子マネーも管理できます。

振替(資金の資産間移動)が簡単に設定できます。
銀行から現金をおろしたときや口座から口座に移動させたときなど手間いらずです。

証券会社の内訳が詳しく見られる。
保有数、平均取得単価、基準価額、評価額、前日比、評価損益、評価損益率が一覧で見られます。

次悪い点
ユーザーインターフェースの問題ですが特定の資産から別の資産へ移動するとき一度ホームに戻らないといけない。
意外と時間がかかり面倒です。
ただこれは資産を見るときにホームから別窓を開けば解決できます。

銀行・カードの自動取得分に内訳が入力できない。
メモをつけることはできます。

証券会社は取引履歴が見られない。
入出金履歴なども見られるといいのに。

クレジットは利用明細はわかるが引き落とし済み、未請求分など状態がわからない。


色々(といっても三種類ですが)使ってみてわかったのは僕が欲しいのは取引の履歴とカードの照合機能でした。
取引の履歴はメモ程度で十分で必要に応じて集計ができればいい。
カードの照合は使った分を入力しておいて請求が来たら消しこむということがやりたいわけです。
レシートを保存しておいて利用明細があがってきたらチェックを入れるという方式でもいいんですがレシートの保存と未払い額が把握しづらいのが欠点です。

上記のことを考えるとMoney Forwardは使えません。
ただアグリゲーションサービスはかなり便利です。
以前MoneyLookがアグリゲーションサービスのみでアプリケーションで提供されていたときに使ってみたことがあるのですがそのときは必要性が感じられませんでした。
それと比べて今回使ったMoney Forwardはかなり使えるサービスになっていると思いました。
MS Moneyの代替にはなりませんでしたが、しばらく使ってみるつもりです。

さて発端となったMS Moneyの替わりはどうしましょう。
とりあえず日本での最新版であるMS Money Plus Sunset Deluxeを使ってみることにします。
僕の使っている2006はXPまでしかサポートされていませんがSunset版はWindows7までサポートされているのでちょっとだけ乗り換える意味があります。

マネーフォワード
https://moneyforward.com/

MoneyLook 試用 [投資]

MoneyLookを使ってみました。
OCN家計簿と同じような理由で本格運用は断念しました。

続きを読む


タグ:MoneyLook

OCN IDの削除 [環境設定]

OCN家計簿を使うためにはOCN IDが必要なので登録しました。
OCN IDはOCN家計簿以外にもOCNのサービスを利用するために必要なIDです。

前回の投稿の通りOCN家計簿は僕の目的では使えなかったのでアカウントを削除することにしました。
OCN家計簿のサービスを削除するのは簡単でweb上で手続きできました。
ところがOCN ID自体を削除する場所がどこにもないのです。
webを検索してkakeibo@ocn.ad.jp にメールするかカスタマーサービスに電話をするという情報を見つけました。
たしか「教えて! OCN」というサイト内だったのですが改めて検索するとこの情報も見られなくなっています。
僕の場合メールで何回かやり取りして削除してもらうことができました。

web上で手続きできないうえに削除方法も載せていないというのはちょっとひどいですね。
OCNはID, パスワードの流出もあったし結果的に使わなくてよかったという感じです。
ちなみにOCN IDはIDにメールアドレスを登録するのですがIDの変更はできません。
別のメールアドレスにしたい場合は新規の登録になります。
これもひどい(-_-メ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。