So-net無料ブログ作成

Access2007 VBA アクションクエリの確認 [Access]

標準の状態のAccessでアクションクエリを実行すると「追加しますか」や「削除しますか」など確認のメッセージが出てきます。
これを出ないようにする方法です。

Officeボタン→Accessのオプション→詳細設定(左側ペイン)で
右側ペインの「確認」の「アクションクエリ」のチェックをはずします。
レコードの変更やオブジェクトの削除のメッセージも制御できます。
これはアプリケーション毎の設定ですのですべてのAccessデータベースに影響します。

一時的に出ないようにするには「DoCmd.SetWarnings」を使います。
DoCmd.SetWarnings False でメッセージは出なくなり
DoCmd.SetWarnings True で出るようになります。
ただAccessのオプションでチェックをはずしてあるとTrueにしてもメッセージは出ません。


Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Access2007/2003対応

Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Access2007/2003対応

  • 作者: 立山 秀利
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。